[工 房 短 信]


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[2931] 秋本番 Name:布袋さん MAIL Date:2017/10/01(日) 21:57 [ 返信 ]
暦の進むのがムチャクチャ早く感じられます。
やっぱり歳なんですね・・涙

早いものでもう10月です。
朝晩は涼しく日中も爽やかです!!

10月の工房近辺の秋をアップしておきます。

とりあえずは「山帰来(サンキライ)」の実です。
今の時期だとこの程度の青さ〜〜秋が深まるとともに赤く色づいてきます。

 別名が「サルトリイバラ」でこのトゲが鋭いんです。サルも難儀したんでしょうか?




[2932] RE:秋本番 Name:布袋さん MAIL Date:2017/10/01(日) 22:12
カラスウリの実です。
近年里山でも少なくなったようなんですがこの場所にはまだまだあるんです。

雌雄異株でこの場所では雄株は多くあるんですが雌株は少なく、更には旺盛な葉っぱに隠れてこの時期には見つけにくいんです。
(当然雌株にしか実は付きませんし、実も葉っぱと同じような色なんで見分けるのがむずかしいんです。)

 秋も深まって枯葉を落とし、実も赤く染まってくると『これぞ!里山の秋景色!!』となるんです。




[2933] RE:秋本番 Name:布袋さん MAIL Date:2017/10/01(日) 22:17
H農園のクリです。
たわわに実ったクリの太いこと!・・んでつやつやしてます。

 




[2934] RE:秋本番 Name:布袋さん MAIL Date:2017/10/01(日) 22:21
H農園第2農場で採れた「鳴門キントキ」です。
切り分けてよくわかりました。
固く実が締まって包丁を跳ね返すんです!
〜〜おそらくはこれがきっと〜旨い証拠〜なんでしょうね・・・嬉




[2935] RE:秋本番 Name:布袋さん MAIL Date:2017/10/01(日) 22:26
お裾わけにあずかったクリと鳴門キントキをさっそく調理してみんなで『野山の秋』をいただきました。

 新鮮なのがええ!!
ナンセもぎたて(拾いたて)抜きたてなんやさかい・・笑




[2936] RE:秋本番 Name:布袋さん MAIL Date:2017/10/01(日) 22:34
これも工房の秋の景色なんでしょうか?
ブルトーザーや耕運機で耕したわけではないんですが広い造園業者さんの敷地全体がキレイに整地されています。

 イノシシの仕業です。
ミミズを食べるのに土を掘り返し・・・おそらくは夜ナベして徹夜で掘り返したんです。




[2930] 耳かき Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/29(金) 22:43 [ 返信 ]
とうとうこんなものにまで手を伸ばしました。
以前から来客者から要望が出ていたんですが・・なかなか腰があがらずに・・・涙

ちょうど煤竹の割れたヤツが手元にあったので削ってみました。
 煤竹は固く曲げがやっかいです。
だましだまし仕上げたんですが・・・・先ずヤマノカミの試験にパスするかどうか??

小生としては耳かきよりもそれを入れる竹筒の嵌合が・きつからず・ゆるからず・・短時間でうまくできたのがうれしいんです・・笑
 




[2928] バイオリンの仲間〜 Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/28(木) 23:36 [ 返信 ]
(仲間とはいってもコントラバスは属が違うと言う声が聞こえてきそうなんですが・・・)

チェロとコントラバスも作ってみました。

同じウオールナッツの塊から削りだしたんですが・・
やっぱりF字溝がうまくできません。
 もう一工夫要りそうです。




[2929] RE:バイオリンの仲間〜 Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/29(金) 22:29
オイルを塗って出来上がりました。
コントラとチェロがかく5本〜それぞれストラップ(1)、キーホルダー(1)ピンバッジ(3)の計10本です。

落ち着いた色調で黒檀とウオールナッツはいい組み合わせやと思います。




[2924] 奇妙なケムシ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/27(水) 23:26 [ 返信 ]
昼前に何かが落ちるバサッという音がしてタタキの上に奇妙な物体が転がってました。

 最初は枯葉かなんかやと思ったんですが近寄って確認するとケムシのようなんです。

 毛というか針のようなものが荒い密度で体を覆っていて一つ一つが毒針のような感じなんです。

 不思議です。
空からこんなものが降ってきて〜
動かないんですがジューシーで干乾びた死骸でもないんです。
 鳥が運んだようでもなく風に運ばれたわけでもなさそうで気持が悪いんです!

 ま・とりあえずは火炎放射機で処理をしましたが・・だれかコイツをご存じないですか?
 




[2926] RE:奇妙なケムシ Name:kazeg MAIL Date:2017/09/28(木) 01:16
キタテハ or ルリタテハ の幼虫では

キタテハの幼虫
http://serigaya.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-0dd5.html

ルリタテハの幼虫
http://net1010.net/2010/09/post_1852.php

[2927] RE:奇妙なケムシ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/28(木) 23:31
ありがとうございます。
タテハ蝶の幼虫ですか?

 毛の長さとアタマのツノというかヒゲというのか・・がすこし違うようにも思うんですが。

 気味悪さから言うとワシの方が勝ってるような・・笑




[2925] 柿が色づいてきました Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/27(水) 23:35 [ 返信 ]
初生りの柿が色づいてきました。
楽しみです。
奥のH農園の柿ほど大きくはないし、丸くはなく細長く渋柿の様子なんですが愛しい我が「初子」なんです。

 山の工房にはこの柿の木が似合うような気がします。




[2883] バイオリンのピンバッジ Name:布袋さん MAIL Date:2017/08/23(水) 22:18 [ 返信 ]
いつの間にかバイオリンのピンバッジが払底していました。

 思い出しながらウオールナッツ材を刻み、黒檀のネックを付けF字孔を開け・・・・

 これにまだ顎アテとテールピースが必要なんです。

細かい作業なので根気がいるんですが〜この暑さ・・泣
なかなか仕事が捗りません。




[2922] RE:バイオリンのピンバッジ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/20(水) 20:20
顎アテとテールピースを取り付けました。
夏の間はできなかったんですがやっと重い腰をあげました。

 顎アテをどう作るか?
なかなかヒントが出ずに作業が中断していたこともあったんです。

 ヒントはおるごーるさんからいただいた皮のハギレなんです。
 さっそくこれもおるごーるさんから拝借した12ミリの穴あけポンチで顎アテを打ち抜き、エポキシで貼り付けました。
 皮素材なので感じがぴったりと納まりいろんな色のバリエーションが楽しめそうです。

とりあえず18本出来上がりました。
あとはピンバッジ仕様、ストラップ仕様、キーホルダー仕様に仕上げたいと思います。




[2923] RE:バイオリンのピンバッジ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/23(土) 23:10
とりあえず8本を完成させました。
明日の上賀茂手作り市へ間に合わせるためです。

 5本をピンバッジに、2本をキーホルダーに1本をストラップに仕上げました。

スマホには吊り下げ穴がないためストラップ需要が減ったように思います。

 皮製の顎アテがどんな評価をされるのか楽しみです。




[2921] サンマ日和 Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/19(火) 20:09 [ 返信 ]
今日はお日柄もよくというかkazegさんも来るというので急遽お昼は「焼きサンマ」です。

 七輪に炭火をおこし・・焼き網を何処からか持ってきて・・・スダチはH邸の果樹園から千切ってきて間に合せ・・・

 kazegさんはこういうことをする達人です・・笑

何の心配もせずに任せておけばお相伴にあずかれるんです。

 ぎゃらりー京町店主の出席する次回もよろしゅう頼んます。
 本番にはダイコンおろしも用意しておきますんで。




[2917] まだいるんです! Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/18(月) 22:02 [ 返信 ]
お隣の工務店さんが持ってきてくれました。
お隣さんの敷地の中には大きなエノキがありタマムシの絶好の住処なんです!

今日は9月18日で台風一過、透き通るような秋空のもとに時期はずれのタマムシがいるんです!
こんな時期にタマムシがいることは今までの記憶にはないことなんです。
やっぱり夏が暑かったし長かったからなんでしょうか?

今年の捕獲数は少なく、6頭止まりでした。
大それた企画(タマムシの厨子作り)にはこの分だと到底届かないんでしょうか?
今年は頭数は多くいたんですが元気過ぎて高く飛び、下には下りてきてくれなかったんです。




[2918] ヤマボウシ Name:笛山 Date:2017/09/18(月) 22:50
ミズキ科ミズキ属ヒマラヤヤマボウシ
「マウンテンムーン」でした。
ヤマボウシは、全部秋に結実して食べられるそうです。

[2919] RE:まだいるんです! Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/19(火) 08:41
おおきに!
ヒマラヤ産のヤマボウシなんですね。
すべて実が食べられることを初めて知りました。
まだまだ実が残っているので果実酒なんかも出来そうですね・・・楽しみにしておきます・・・笑


[2920] RE:ヤマボウシの実 Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/19(火) 19:52
こんな実でした。

甘みは少なくちょっと硬い目のナカナカ野性味のする味やったんですが・・・・。

 ジャムにしてもいいかな?

この森(?)では可哀そうな木なんです。

勢力の強い朴やコブシやモクレンに負けてとうとうグニャグニャに・・・そして風にも負けて折れてしまいました・・泣




[2916] これも! Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/16(土) 20:21 [ 返信 ]
懐刀にしては大き過ぎるか?
全長28センチです。
幅広のケヤキの刀身と握りはシャム柿です。

 こんなのも愛蔵品のひとつに加えていただけるとうれしいんですが・・・。




[2911] 直刀のレプリカ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/15(金) 21:44 [ 返信 ]
直刀にはまってます。
こんなものを作ってみました。
懐刀、お守り刀をイメージし純和風に仕上げるつもりです。
大きさは全長18センチから22センチまでと小ぶりです。

戦国の世〜花嫁が嫁ぐ際「自決用」に懐に忍ばせていたもの、或いは家族の「お守り用」に代々伝え置かれたものらしいです。

刀身はシャム柿で芯材と辺材の境目を『刃紋』に見立てています。
握りは上2本が紫檀でその下がウォールナッツ一番下がパドウクです。




[2912] RE:直刀のレプリカ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/15(金) 21:59
刃紋を見てもらいたいので上2本を拡大しました。

シャム柿っていいですね。

シャム柿って名付けるくらいやから東南アジア(タイ)原産と思っていたんですが違いました。

正式名はジリコテ(どっちが正式名かわかりませんが・・・)でカキノキ科ではなくムラサキ科とのことでメキシコから中央アメリカ原産でした。




[2913] RE:直刀のレプリカ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/15(金) 22:02
特製オイルを塗り・・・



[2914] RE:直刀のレプリカ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/15(金) 22:08
仲間のくれた皮で作ったシースへ納めました。

 辺材を含んだジリコテも、もらった皮も充分あるし

しばらくはこの懐刀シリーズで遊べそうです・・嬉




[2915] RE:直刀のレプリカ Name:布袋さん MAIL Date:2017/09/15(金) 22:13
ついでにこんなのも・・・・

ブレードはケヤキでハンドルは上がパープルハートで下がウェンジです。

 このケヤキが硬いんです!!!
「斧折れカンバ」という木があるらしいんですがこれも負けず、劣らず・・かと・・・・

 なにしろ斧の刃が立たないんです。
 急遽、薪材からナイフ用に格上げされたんです。

 材の硬さ、粘りだけではなく、目がおおいに影響するんですね。
 このケヤキはブレード用途には第一級です!





[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
11件〜20件(全1,483件)  245678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板 WEBでき